トップページ > 和歌山県

    プログラミングスクール和歌山県ならどこが良いかな?とお探しのあなた。

    どういったことを基準に選んだら良いかわかっていますか?

    闇雲にネットサーフィンしたり、ただただ安いところを選んでしまうと失敗しますよ!!

    大事なのは、

    ・就職や転職に強い
    ・教える講師の質が高い
    ・一人一人へのサポートが手厚い

    こういったことが一番重要です。

    もちろん人によって和歌山県でプログラミングスクールを探す目的って違うかと思いますが、オンラインで受けられるのか?しっかりと自分のペースに合わせてくれるか?などは誰もが重要かと思います。

    ここではそんな数あるプログラミングスクールを厳選して紹介しています。
    数十校の中から厳選した3つのプログラミングスクールです。
    侍エンジニア塾

    侍エンジニア塾の最大の特徴は徹底したマンツーマンサポートというところです。

    他社でも担当や専属のメンターなどつくところはありますが最初から最後まで同じ講師が担当するというところはそうそうありません。

    また侍エンジニアでは、授業をそれぞれ個人に合わせたフルオーダーメイドのカリキュラムを作るので、プログラミングスクールで良くある

    ・授業についていけない
    ・必要でない授業で時間が無駄になる

    といったことがありません。

    今なら、無料の体験レッスンで3大特典ももらえます!渋谷の教室で対面、もしくはスカイプのオンライン通話どちらで選べるようになっています。






    TECH::EXPERT

    TECH::EXPERTはとにかく転職したい人に特化したプログラミングスクールです。

    もちろん未経験から転職レベルにまで持っていくレッスンが用意されています。

    また、転職に成功しなかった場合は全額返金をしてくれるといった強力な保証がついています汗

    20代、30代と受け皿も広く、教育から就職までをしっかりとサポートしてくれる心強いプログラミングスクールです。

    こちらもまずは無料で説明などが聞けますので、申し込んで実際の話を聞いてみると良いですよ!!






    Tech Boost

    Tech Boostも転職に強いプログラミングスクールです。

    3か月のコースになっており、基本から最新のAIやブロックチェーンといった技術まで学ぶことができます。

    現役のエンジニアから教えてもらえるのも特徴の一つです。

    ただ、転職のキャリアサービスを展開する会社が運営していることもあるので、メリットもデメリットもあるかもしれません。

    (転職先に偏りがあるなど)

    こちらも一度ホームページを確認してみて下さい。






    どのプログラミングスクールにするか決まりましたか?

    迷った場合は、目的で決めると良いです。

    フリーランスや起業したい⇒1位の侍エンジニア塾
    就職、転職したい⇒2位のTECH::EXPERT

    今学生でそれ以外が目的だって人も1位の侍エンジニア塾で間違いないかと思います。

    どちらのプログラミングスクールも無料で詳しい説明が聞けるので、まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします!!

    プログラミング関係の仕事についてです。 一般的に仕事でプログラムを作成するには、まず、仕様書が必要です。 仕様書については基本仕様、機能仕様、詳細仕様などがあります。 基本仕様ではハードウェア構成などが決まってきます。どういったサーバで運用し、 どういう仕組みでプログラムを動作させるか、などは、基本仕様で大体きまっています。 機能仕様では、どういう仕組みでプログラムを動かすのか、期待する動作を1つ1つ順をおって決めていくものです。 例えば、Webサイトのログイン画面での大まかな画面構成、ボタンの位置、 そしてボタンを押したときのアクションなども機能仕様の段階では、大体決まっています。 詳細仕様は機能仕様にそって作っていく作業の内容を記述したものになります。 動作的に見れば、詳細仕様=プログラムそのものといって良い記述の内容になっている具体的に処理を書いたものになります。 例えば、 Aの場合、プログラムを正常終了する。 A以外の場合、エラーを出力する。 これは、C言語でのIF文、Javaのtry、catchを使う場合です。 IFの分岐、catchする内容などが具体的に書かれいます。 詳細設計はプログラムを作成する段階でプログラムを作成する人が自分が作成するイメージと合わせて つくられていくことが多いのですが、 開発経験が1年未満などの場合では、 詳細設計がすでに作られているプログラムを作成するだけでよいという段階から始まることもあります。 プログラムを組む人仕事がメインの場合、仕事はプログラマ(PG)となります。 設計をする割合が多い人はシステムエンジニア(SE)となります。
    まずは、プログラムを作る作業になると思いますので、 得意な言語を作ることが、大切です。 私の場合学生時代はJavaよりもCが得意でしたが、Webでの開発ばかりだったので、 Java(JDBC)などを一番よく使用しました。 ネットワーク、データベースなどの知識も必要です。 Webサーバで使用されるApache、データベースサーバで使用されるOracleなど、 理解しておくことも大切かと思います。
    まず始めに僕がどうしてプログラミングの業界に入ることになったかお話します。僕の前職は営業職を行っていました。そこではITの商品を取り扱っており、実際に仕組みは分からないですが、営業なので表面上だけ理解して仕事を行っていました。そして、前職に限界を感じ退職をしました。そこで新しく就職する前に職業訓練校に通いたいと考え、再就職を行う前に訓練校に通うことにしました。数多くある学校の中で僕はプログラミング化に行くことにしました。
    その理由は前職でITを売っていたからです。そして、実際に学校ではHTML,CSS,JAVA、JAVAscript、PHP、イラストレーター、フォトショップを習うことになりました。主にホームページ作成が習う授業でした。もちろん卒業するまでに資格を何個か取得したのですが、卒業後の就職活動にはかなり苦労しました。その理由は資格を持っていても実務経験がなければほとんど採用されないのです。そもそも実務経験ありでほとんどが募集がかけられているため枠が狭く、実際に実務経験なしのところだとかなり給料が安くなってしまうため辛い就活になりましたが、結局は友達の紹介で何とかIT業界のプログラムのアシストをするポジションに就くことができました。
    25歳の時、地元のハローワークにて応募。面接にて業界・業種未経験であることを伝えたところ、研修で勉強が可能であるとのこと。採用前にテストと称してIQテストのようなものを受けた。合格基準を超えていた為、未経験ではあるが見込みがある判断を頂き契約社員として採用となった。 まず最初にHTML+javascriptの勉強を始めた。
    導入として動画での知識研修を行い、実際に作成が完了しているWebページを見ながらHTML+javascriptを活用して同じページを作成するという作業に入った。ソースの閲覧は禁止の為、Webページの見た目からどのような構文になっているかを判断し、Google検索でHTMLやjavascriptのリファレンスガイドを見ながら作成していくといった順序で進めていった。研修終了後、研修の成果テストとしてjavaの問題集(Webにて実施)を実施、合格点に達するまでということであったが、一発で合格できた。その後、既存のシステム改修案件での単体テスト要員として配属され、ソースの確認や実際の動作の確認などを行なった。単体テストが一段落したタイミングで案件が変更となったが、リーマンショックの影響を受け案件数が激減、契約社員であったこともあり更新されずに退職した。約半年間で身につけた言語はJava。